パーソナルカラーについて私の考え方

コスメ、美容界隈で度々話題に上がるパーソナルカラー(以下PC)について。

 

 

わたしのようなブログを見ている方なら診断はしていなくてもPCについては知っていると思うので、その辺の説明は割愛します。

 

 

わたしのPCは春ビビッドです。イエローベースの彩度と明度が共に高い色が似あうタイプ。

診断した時は最初にタイプの違うピンク色を何枚か当ててから色んなカラーのドレープを当てていったのですが、春ビビらしいツヤ感のある色やビビッドなカラーは顔色がパァっと明るくなり、反対にスモーキーなカラーやぼやっとしたカラーのドレープを当てた瞬間に目の下のクマが目立って顔色が濁り、「布一枚でこんなに変わるの!?」とビックリしたのを覚えています。

診断が終わった後、アナリストさんに、「診断としては典型的な春ビビ。濁っていないビビッドなカラーなら大体なんでも似合う、柄は大柄な方が良い。アクセサリーはイエローゴールドが一番良い」「ただ、クリアであれば所謂ブルーベースのカラーも似合うので、ブルーベースイエローベースに拘らず、ツヤとクリア感を意識して」「白は避けた方が良いけど、黒はツヤ感を出しやすいので似合う」と言われました。

 

この診断を受けた時に、「まあまあ予想通りだな」と思いました。ネットでやった自己診断では冬クリアでしたしね。

診断を受けたのは10年ほど前なのですが、当時は森ガールが大流行していた時期で、わたしも御多分に漏れず、生成りのゆるっとしたワンピースを着てくすんだ色のストールを巻いて、セミマットのベージュのアイシャドウを塗っていたのですが、そういう格好の時よりも、パキッとしたワンピースを着て海の深い部分のようなキラキラしたエメラルドグリーンのアイシャドウを塗っていた時の方が周りから好評だったからです。

ただ、この診断を受けた当時はコスメもお化粧も何もわからず、似合いもしない困り眉毛にしたり、ほっぺを青みピンクに塗りたくったり大迷走していて、いま考えると黒歴史も良いとこだったんですけど、ある程度の指標になり、すごく役に立ちました。

 

最初は春ビビらしい、ゴールド系アイシャドウにサーモンピンクのブラッシュ、オレンジ色のグロスを塗っていたのですが、コスメに興味が出るにつれてNARSにハマり、NARSってご存知の方も多いかもしれませんが、スモーキーなカラーがすっごく多いんですよね。当時は今よりももっと攻めたカラーがシングルとデュオと共に多くて。

「この色素敵だな~でもPC的に似合わないからな~」と諦める事も多かったのですが、MAの田島さんにメイクして頂いた時に、「スモーキーでガッツリめにメイクしてみましょう!絶対お似合いになりますよ」と言われ、ええ!スモーキーはあかんやつや…!と思い、PCの話をしたら、「似合わなかったら落とせば良いんですよ!大丈夫ですよ!」と言われ、お任せしたら、NARSらしくスモーキーだけど田島さんの得意なフェミニンなニュアンスのある素敵なメイクに仕上がっていました。

この時あたりから、素敵だなと思うコスメはタッチアップをする前から諦めなくなりました。

やっぱり、あまりにもPCから外れたカラーは撃沈ワロツァ!!!!!!ってなるんですけど、ちょっとぐらいなら色々工夫して使うようになりました。

失敗することもいっぱいありましたけど、それは田島さんの仰っていたように、「落とせばいいや!」の精神で。フランソワナーズも「たかがメイクだから気にすんな!」的なことを言っていましたしね!

 

PCって、自分のPCしか身に着けない!って事じゃなくて、自分の得意な色を味方にするって事が大事だと思うんですよね。

例えば、少し顔色の沈むアイカラーだから、ブラッシュとリップは得意の色を使って顔色を上げてトータルで調整しよう、とか。

コスメ好きでいると、毎日ツイッターには素敵なメイクやコスメが溢れていて、「あれも欲しい!」「これも欲しい!」ってなりますけど、そういう素敵で可愛いコスメをPCに合わないからと諦めるのはすごく勿体ないかなって個人的には思いますし、自分の鉄板メイクみたいなのを見つけた時から、あまりPCは気にしていません。

PCに合わなくても自分が「すき!かわいい!」って思うコスメを使うと気分が良いし、お化粧をする時はそういう気持ちが一番大事だなと思うからです。

極論を言うと、PC的にど真ん中だけど自分の気持ちが上がらないメイクとPCからは外れているけど自分の気持ちが高揚するメイクでは、後者を選びたいです。

 

PCを否定する気持ちは一切ありませんし、いまでも参考にしている時は勿論あります。

だけど、そこに囚われすぎて、逆に視野が狭くなるような考えにはなりたくなくて、自分がすきなもの、心地よいと思うもの、素敵だと思うものは、コスメもファッションも積極的に取り入れていきたいと思います。